北海道 真狩村 パン工房 JinHut

中村好文氏の小屋においでよ!を見て興味を持ち、JinHutをめざし北海道に行った。

JinHutは公開している様子は無い(当然)パンを買って帰ってきた。パンが美味そうなのでカメラを向けると撮影禁止といわれ断念した。

お店は回りに何も無い畑の真ん中にぽっんと有るが、お客は良く来る印象だった。
店の感じも過剰さを排除した、好感の持てる空間に仕上げられている。
th_DSCF8055 th_DSCF8056 th_DSCF8060 th_DSCF8069

惹かれて・・・・小屋を観てきた

気になっていた、展示会を観てきた。
自分の体にフィットするような空間は懐かしい印象で好感が持てた。
細部も良く考えられている、家具を大きくした小屋という印象だった。
寒冷地版のこんな小屋も十分考えられると夢が膨らんだ。

123スクリーンショット 2013-06-15 6.29.34

エネルギー自立の住宅が検討される昨今、こんな処にヒントがある。

2012/11 スイス・オーストリア-未来の住宅にふれる旅

DSCF4599

住宅の未来を訪ねる旅を重ねている、

スイス・オーストリアの住宅や暮らしに未来を感じ、ここ数年間は毎年取材を重ねている。

今年はゼロエネハウス、再生可能エネルギーと日常的に使っているキーワードであるが、スイス・オーストリアではどのように定義されているのか取材に当たった。又東北で高性能住宅の普及を願って活動している若い仲間と僕が先進地とイメージしている地に同行したいと視察の企画を進めた。

スクリーンショット 2013-11-03 16.24.41

コーディネート・ガイド・通訳と多才な能力の持ち主、滝川薫さんにお願いした。参加メンバーはそれぞれテーマを持ち取材に当たった。

 

ゼロエネルギーハウスと再生可能エネルギー

滝川さんからの事前情報ではスイスの場合、2020年にNZEB(二アリーゼロエナジービルディング)が義務化されるため、次の州のエネルギー法ひな形でゼロエネルギーの定義が出てくることになっていて、今、パウリさんたち(州のエネルギー専門官会議)が一生懸命準備作業をしています。一応、熱は100%電気もほどほど自給というものらしいのですが。来年に公開される予定ですが、どんな形で出てくるのかまだ分かりません。そのため、今月中にベルン州のエネルギー専門官のところに行って、いろいろと取材しようと思っています。

 ただ、スイスのNZEBの一つの方向性を示すのが、ミネルギー・A基準です。とはいえミネルギー・A認証を受けるには熱供給エネルギー(換気も含む)の自給のみで、家電の消費エネルギーをゼロ化する必要はないことになっています。

設備は太陽熱温水器+木質バイオマス、太陽熱温水器+太陽光発電+ヒートポンプ、太陽光発電+ヒートポンプという選択肢があります。躯体の性能は、気密性能はミネルギー・P、断熱性能はミネルギー以上で、これはその建物の持っている屋根や敷地で生産できる量に応じて、ゼロ化できるレベルに断熱するというものです。

ベルン州ではプラスエネルギーハウスの助成を行っています。条件は躯体のレベルがGEAKでレベルA、あるいはミネルギー・Pかパッシブハウス基準の認証を受けていること。この場合は、建物で家電・暖房・給湯・換気以上のエネルギーを生産することが定義です。

以上の事前情報を元に設計者はどう理解しているか、又取材先のフォーアールベルク州エネルギー研究所の見解も知りたいと臨んだ。

 

Energieinstitut Voralberg  Hr.Gmeiner氏に取材                                                                    Q:ゼロエネルギーハウスの定義はあるか?

スクリーンショット 2013-11-03 16.53.31Hr.Gmeinerさんは、建築生態学、建築生物学の専門家。
EUに大まかな定義はある、消費と生産のバランスで決めているため、エネルギー消費の大きな建物でも太陽光発電パネルを大量に乗せれば達成できてしまう。それは、経済的、エコロジー的そして持続可能でもない。

エネルギー研究所ではプラスエネルギー住宅、エネルギー自立住宅を進めようとしている。2009年の州議会で2050年までにエネルギーの自立を決議した。現状のエネルギー消費を各分野(産業・交通・建物)で60~80%の削減が必要となる大きなチャレンジを州として進めている。建物のエネルギー性能ばかりではなく、建物の製造時のエネルギー、日常的交通手段、学校・幼稚園・商店が近くにあるか、カーシェアリングの配置、公共交通網を使って徒歩で生活できるか等を評価しエネルギー自立に向かっている。

フォーアールベルク州ではBUILDING ECOPASSのチェックシートを使い、躯体の効率、エコロジー的品質を中心にエコポイント評価し補助金を決めている。

  1. 躯体・Passivhaus基準と同じ高性能
  2. 熱需要・・・最終エネルギー消費量
  3. 一次エネルギー消費
  4. Passivhausの建物用途別目標値の条件を満たす事・・Passivhausは高性能外皮
  5. エネルギーの高効率利用
  6. 建材の高効率利用
  7. 室内空気質

Minerugie、Passivhausに補助金を出しているわけではなく、BUILDING ECOPASSのエコポイントに応じて補助金を出している。エネルギー自立住宅は建築時に使用されるエネルギーと80年(寿命)で消費する運営エネルギー量で断熱の種類や厚さを建築家は適正に選ぶ必要がある。

ここで問題は、それぞれの材料の計算に必要な原単位があるか?その計算や申請は煩雑になるのではないかという危惧である。解決策として、エネルギー研究所が運営するWeb上のデータベースBauBookがある。現在2500アイテム以上の建材が登録されており日々更新されている。

特徴は法的拘束力のある申請をクリアーするとその材料(アイテム)はBauBookに登録され建築物理特性、エコロジー的値、安全基準、品質基準、購入窓口などの情報を知ることが出来る。これは補助金の申請書にも直接使用できるので申請業務の簡略化にもつながっている。

ゼロエネ住宅のさらなる上(プラスエネルギーハウス、エネルギー自立住宅)を目指しており、原単位の整備、補助金の整備、民意の立法化など具体的、実践的に進めている。

***** Energieinstitut Voralberg (フォーアールベルク州エネルギー研究所)

設立20年来、建物のエネルギー効率向上、エコロジー的建築の普及を推進。再生可能エネルギーの利用促進に関する研究、提案活動にも焦点を当ている。環境建築、持続可能な交通政策にも警鐘を鳴らしている。建築家、業界、ユーザーに対して中立な第三者として公平なアドバイスを行っている。対象として、フォーアールベルク州の住民、建築デザインに関わる建築家、エンジニア、職人、地方自治体、事業者等

****** BauBook

スクリーンショット 2013-11-03 16.34.11

Web上のデータベースで、セントラルといわれるエネルギー研究所が直接運営しているモノと地方版がある、現在ベルギーでフランス語版を開発中。

 

 

 

****** IG Passivhaus Schweiz(スイスパッシブハウス振興会)*********************************会長・建築家ホーネッカーさんの意見:  Minerugie住宅にPV(太陽光発電)を搭載すればゼロエネハウスになるのは理解出来ない。躯体性能は最低でもPassivhausにすべき。

******* BUILDING ECOPASS********************************************************************            A4サイズ3ページのチェックシートがあり、エコポイントが計算できる。エコポイントにより補助金のコースが決定される。法的拘束力のあるデータベースBauBookとリンクして使用出来るよう配慮されている。

長土居の印象——-ゼロエネハウスの定義はあるかと問うと答えはYESと返された。

しかし、それぞれの立場で微妙にニュアンスが異なると理解した。躯体性能をそこそこにして、大型の創エネシステムを搭載するか?高度な省エネ住宅(パッシブハウスレベル)に小さな創エネシステムを搭載するかご当地でも議論が絶えないようである。IG

Passivhaus Schweiz(スイスパッシブハウス振興会)会長・建築家ホーネッカーさんの意見では、Minerugie住宅にPV(太陽光発電)を搭載すればゼロエネハウスになるのは理解出来ない。躯体性能は最低でもPassivhausにすべきは的を射ていると思う。

日本での論点に類似しているが、建物性能がQ値換算すると0.7W/㎡K以下にした上で、ゼロエネハウスの議論でレベルの違いを感じる。

又、計算根拠の原単位を公的な機関がWeb公開しオープンにしている。補助金制度の条件を簡単・明瞭に示し、説明会も中立機関のエネルギー研究所などが丁寧に行い普及する事、実銭する事を第一にしている。日本の制度にも類似した、LCCM、低炭素社会・・・等があるが、原単位が無料公開されていない、補助金の申請は複雑で申請する場合の事務処理負荷が増大するなど課題は多い。

Q:再生可能エネルギーの定義はあるか?

エネルギー研究所では総システム評価をしている。ヒートポンプCOP、バイオマスエネルギー(木質・燃料)、ソーラーなど疑問があるモノもある。資材はどこから来たのか由来や持続可能な方法で生産されているかが問題である。ヒートポンプ利用に関する補助金はJAZ4以上で無ければ適用されない。(技術的最低基準)ヒートポンプで使用する電力を太陽光で発電するとBUILDING ECOPASS評価は高い。

木材に関して、西ヨーロッパでは森林法で持続可能な森林経営が営まれて居ることを前提として、再生可能エネルギーとして扱われる。ヨーロッパ材以外では持続可能な生産がされておらず、人権問題、社会的問題、環境問題が問題視されているので、FSC認証とCOC認証(生産→販売)は必須となっている。又ヒートポンプ品質協会、ペレット品質協会がそれぞれの地域の品質保証を行っている。

*****再生可能エネルギーの定義は法律やそれぞれの協会の中で定義されており、基準が満たされれば補助金を受け取れる。

義務化の最低基準と任意の補助金付きの基準の間で市民は選択の自由がある。又補助金を受け取るために、事務処理が増大したり煩雑化することを極力避けるため、公的データのWeb公開や制度の説明を丁寧に行っている。

一寸驚きはJAZ4以上である。

*****JAZ  Jahresarbeitszahl (≒SPF)COPと年間COP(JAZ)についてCOPは製品のみに関わる係数で、JAZは建物全体を考慮に入れる係数です。JAZは実際の一年の稼働条件下で測られる。計算上も算出できるがユーザーの使用方法で大きく異なるため、実際と計算結果では大きく異なる場合が多い。実際の建物でのJAZは循環ポンプの電力消費量も考慮されるスイスの中でもJAZについてはオフィシャルなモノで、3っの異なる計算方法(最小限のもの、中間のもの、最大のモノ)がある。ヒートポンプ周辺のモノと建物全体のモノが存在する。

***** GEAK***************スイスのエネルギーラベル改修補助金の基礎にもなっている。

スクリーンショット 2013-11-03 16.47.30

 

 

 

 

 

電力会社のエネルギーアドバイザーの取材も興味あるものだった。

スクリーンショット 2013-11-03 16.51.08

Q:電気ヒータからヒートポンプへの交換など進んでいるか?

電気ヒータ(蓄熱式も含む)はスイスの多くの州で禁止になっている。しかし、電力会社として昼夜のピークシフトが難しいという問題がある。ヒートポンプ普及はエネルギー効率の点で当然の方向だが、蓄熱式は昼のピークを抑えてきたがヒートポンプが増えると短期的にはピーク出るため調整が難しくなる。今までも、貯湯タンク容量が小さいためピーク時にヒートポンプが動く問題があった。

最終的にはエネルギー効率の良い方法に進むとは考えているが昼のピークが増えるのは、現状の課題である。2013年夏からベルン市では、新しい法律が施行される。

ヒートポンプの蓄熱タンク付きが義務化される。既に、電気暖房、蓄熱暖房機、電気温水器はピークの11時-12時には使用してはならない法律があり、それらの回路の電源が切られていた。それに、ヒートポンプ (暖房も給湯も同じ扱い) が加えられると言うことで、ピークの1-2時間をまかなう貯湯タンクを装備する事が義務化となる。

電力会社のコマンド、電力会社は50Hz以外の波長を使って送電線から8-10のコマンドで需要家の配電盤を制御している。街灯、ボイラー、電気暖房を時間帯別にコントロールすることが出来る。

消費者は特に何もしなくても、個々のサーバーが配電網から指令を受けて時間制御などを行っている。ヒートポンプの内部に発停の受信機が有るわけでは無い、この制御装置は電力会社の所有物になっている。

このコマンドをを受けてヒートポンプはピーク時間の1~2時間停止するので蓄熱タンクの義務化が生まれると言うことのようである。

未来の住宅にふれる旅 表紙

ヒートポンプで温水暖房をしていると・・25℃運転は爽快!

我が家の暖房はいつから始める??
寒くなったら、11月1日から、必要と感じたら・・・・断熱性能のレベル、太陽光入射の状況、身体的事情で様々である。

今の時期は一般的暖房の運転は難しい、一寸使うとすぐ暑くなる、止めると暖かさが恋しい。我が家は低温水暖房を24年前から使用している。当時は灯油ボイラーの5000kcal/h能力のモノを使用、低温水35℃程度を生み出せた。現在の温水ボイラー15000kcal/hで55℃出湯温度で我が家にとっては高温で使いづらい、そこで温度を下げるためにミキシングバルブを組み込み25℃-75℃まで無段階に設定できるようにしていた・・結構苦労していた。

ミキシングバルブ回り、ヒートポンプ使用時はこれは使用しない。

2009年11月からエコヌクールピコという、ヒートポンプ・チラーユニットて温水を作っている。25℃-55℃まで一度刻みで温度設定が可能でとても重宝している。
今の時期は25℃-30℃で運転して、とても快適なのだ。
25℃の温水をパネルヒータに循環させているとパネルに触ると冷たいと感じる、しかし、室温より高いので、ちゃんと放熱してくれる、窓下の放熱器はしっかり寒さの進入をガードしてくれる。

灯油ボイラーに変わるモノで、25℃-55℃の出湯温度を設定できる優れもの。

電気代は個別メーターを7:00と23:00に読み取っているが、夜は25℃設定で運転1kW/h、昼は3kW/h使用している、電気代は夜 9円、昼86円、合わせて一日95円で運転している。一年で最も良い季節、一寸手をかけるとさらに快適な室内環境になる。
我が家は今の時期が最高の室内環境を維持して爽快。
車に乗らず歩いたり、他のエネルギー消費を抑えても室内環境の維持にエネルギーと費用を使いたいと考えて実銭している。

 

温度情報を記録し外気温度と設備の関係を見ている。

好みの建物

盛岡近郊に出来た結構話題の建物を見てがっかりしていた。
なぜ!こんな作りにしたのか考えてしまう作りなのである。
炎天下建物の南側を意味なく歩かせる、雪、雨の日も大変だろうと・・・
建物内は音が反響するざわざわとした室内環境。

そんな中、
青森の[ア・ラッセ]ねぶたの家にふれて、これは好みの建物のジャンルと直感した。
建物周囲四方に雁木の様な機能を持たせた雨よけ空間がある。高さは12メートル位、幅300mm位、厚さ9mm位のきなこひねりの様にねじられた鉄板を建物と3m位離隔を取り縦型ブラインドの様に垂らしている。

風よけや、日射の遮蔽、目隠し効果・・・・?
わくわくする外観の建物で、内部の仕上げも鉄を多用し黒を基調としている。亜鉛引きトタンのような不連続結晶が窓のサッシや間仕切りにも見られ新しいさを感じる。この建物が建設されたことで、海、ベイブリッチ、アスパム(観光物産館)と人の流れが有機的になったように思う。

時間的にレストランに足を踏み入れていない、肝心のねぶたを見ていないので又機会を作り訪れてみたいと考えている。

僕の写真より数十倍美しい写真がWebに有った。
Frank-la-Riviere-Architects.com

暑い日の過ごし方・・ナイトパージ

今、17:30
盛岡市内の最高気温は35.4℃、現在家の周りの温度計は33℃、観測用の百葉箱では無いので、気象庁が発表する正確さはないが、より体感温度に近い。

昨夜はいくつかの窓を開放して就寝。
今朝は外気温度22℃、
6:00   窓1F2F全開で冷気取り込む。
10:30   日射が当たる面の窓は閉じる。カーテンは閉で室内は一寸薄暗い。
12:00      すべての窓を閉じてカーテンも閉の状態を保つ。

17:30
地下室の温度  26℃ 65% 快適温度・・・・夜間のみ除湿
1F居間の温度    28.5℃   扇風機で過ごす
2F 寝室の温度   30.7℃   長時間はいられない

そろそろクーラーのスイッチを入れるか、夕方の外気温度が低下するまで扇風機で過ごすか??思案のしどころ・・・・結局クーラーなして過ごした。
昨夜から今朝のように、外気温度が室温より低下する日は 窓を適度に開けて外気をいっぱいに取り込み家や家具に蓄冷してもらう。
ECCJ 省エネルギーセンター / 省エネチューニングマニュアル/第2章 2.19 ナイトパージ
外気温度が上昇する前に窓を閉じ熱気を入れないで蓄冷+扇風機で涼風を得る。
耐えられない時間になると外気が室温より低くなる・・・窓を開放する。

今年は緑のカーテンが盛況で東の窓面はしっかりカバー、エアコン室外機の日射対策も昨年同様よしずをかけた。

 

 

 

 

 

 

 

昨日から今朝にかけてのような夜間冷却に適した天候は早々あるわけでは無いが、何か楽しい。
明日も35℃の予想、今夜から早朝にかけてしっかり冷やす・・・・。

iMac環境を快適にHDバックパック

iMacはスッキリ使えるのが良い。

iMacは周りがスッキリしているのか特徴

SSDの価格が手の届く処になりつつあり。内蔵させるか、外付けするかは別として大容量のHDを近くにおきたくて策を練っていた。とりあえずUSB-3/2TBを!

金具を加工しようか等構想を練っていたが、簡単な解決策が見つかり満足感・・・大。

裏から見えない場合、HD増設の手段として

金具を探して固定をしようか・・やってみたらインシュロックで2箇所締め付けでOK。アルミを背にして直立しているので放熱効果も期待できる。

カテゴリー: Mac | タグ:

理想の住まい造り・・・・・セルフビルド

ニセコ自然エネルギー研究会の招致でミーティングに参加させていただき、メンバーである暖炉職人( マキビト工房 )http://mcbeetoe.com/tigchelheater.htmlの工藤さんの住まいに一泊させていただいた。2012.7.28

セルフビルドは難しくはないと感じさせる住まい

理想の住まいと思われるセルフビルドの家である。
セルフビルドはあこがれていても、あれこれ理由を作って人任せにする。

希望を図面化して、材料を組み立てていく、しかし希望は100%人に伝えることは出来ないし、作る側も図面通りに忠実に作る努力はするが完璧では無い。

質感がすばらしい

しかし、住み手が頭と手足を使い、自分たちのスケールに合わせて時間をかけて作り上げていく、詳細図面が無くても、これ以上しっくりくるものは無いと思う。

燃焼効率が高く、火持ちが良い、重量600kg

セルフビルドを奥様と進めている工藤さん

まさに、今回宿泊させていただいた住まいは初めて伺ったときからシックリ来るのである。そして美しい・・・これが大切と思うが、セルフビルドを実行できる人は数少ない。
高度な断熱住宅、Q値1W/㎡K以下の住宅では、暖房の高温発熱は室温のオーバーヒートの原因となるので、低温放射の長時間放熱が適している。

又、エネルギーベストミックスの観点からも様々な樹種の薪を混燃焼させることが出来るメリットは大きい。

ティッケルヒータは万人向けとはいえないが、一つの解決策である。
セルフビルドに完成は無い、人生そのものかもしれない。

 

 

 

居は人を変えるという好きな言葉があるが、人が居を変えていくのも有りかと感ずる。

コーヒー、ヨーグルト何を食しても美味しい・・・時のたつのを忘れてしまう心地良さがこの住まいにはある。

 

 

 

 

 

佐渡にて、

小さな木造の建物が密集している

佐渡建築士会で講演をさせて頂くチャンスがあり、初めて佐渡に渡った。2012.7.13
講演会には熱心な方が40名弱お集まり頂いた。

 

興味津々は宿根木、文化庁選定による重要伝統的建造物群保存地区だそうだ。

宿根木は江戸時代後期から明治初期にかけて全盛期を迎えた北前船の寄港地として発展した港町だそうだ。

佐渡は良いとこ一度はおいで・・・
驚きは、夏と冬と室内の暮らしはどちらが大事かと質問すると100%冬が大事と反応があった。室内が寒いとの訴えである。

佐渡といえば鼓動・・今年は北上市で講演があるそうだ。こうご期待!

出張前に調べてみた気象データによると、夏(8月)の日照時間は216時間と沖縄の那覇223時間に匹敵する。又冬といえば1月の設計外気温度-1℃、日照時間は50時間、平均風速は-8.4m/sと寒冷地では無いが暖房負荷が大きい地区と想像していた。省エネ区分はⅣaでQ値2.3W/㎡K以下となっている。確かに冬が大事な場所柄。

今後、冬暖かい省エネ住宅の普及に期待を寄せて・・・盛岡に戻る。

 

 

我が家のCO2を計算してみる

国際社会の中で日本として色々約束を交わしている。

CO2の排出量削減もその一つである。しかし日常の生活でCO2を減らすということは、どんなことか?

我が家でいったいどの程度出しているものか一度は計算してみたいものである、とはいえ、どう計算すれば良いかハードルが高い。

そこで、JIAの寺尾信子さんから教えていただいた計算シートを使うと意外と簡単である。但し、光熱水道料の伝票一年分を手元に置いて、PCのSWを入れエクセルを立ち上げる。添付のワークシートに順番に入力していくとCO2の排出量は自動計算できる。

注意は、地域ごとの電力会社発表のCO2排出の原単位を確認する必要がある。