LINN MAJIK Iの自己責任設定、友人の影響で!!

LINN製Audioアンプを数年前に譲り受け、YAMAHA1000Monitor(SP)とつなぎ満足して使っていた、LINNアンプを譲ってくれた友人からボリュームの初期設定が30から始まると慌ててボリュームを下げる場面があったが改善の方法があると聞いて友人のHPを見てみた。
詳細は話を直接聞いたり、電話でも聞いた。

IMG_6037
ジャンパーピンをショートさせるモノは手元に無く、友人に電話で聞いたら古いHDのIDを変更するときに使用していたモノを使用したと回答があったが手元に古いHDは無く、手持ちの動線でショートさせた・・・結果、IMG_6042

15スタートに設定変更出来た。

IMG_6045

15レベルからスタート出来ると確かに使いやすい。

住宅のメンテナンス計画書

新築住宅に入居して10年はあっという間に過ぎてしまう、自動車と同様手入れが重要であるが住宅は建ててしまえば朽ちるのを待つ、手をかけない傾向にある。

故障する前の手入れや、補修、コーキングの打ち替え、ペンキの塗り替え、費用が予想以上のモノも有るので、入居後の何時、何処を、補修するかメンテナンス計画書は大切である。

引き渡し時、メンテナンス計画書を施工者・設計者から受け取り将来に備えたいモノである。

思わぬ出費・・では無く、予定の出費だと安心である。大塚邸メンテナンス計画書-

大塚邸メンテナンス計画書-

住まいの取り扱い説明書

住宅の新築をすると引き渡し時に分厚いファイル最低でも一冊渡される。
様々な機器や取付部材の取説(取扱説明書)である。
一通りの説明を受けるが重要度の判別は無く平坦に説明されるのが一般的である。

しかし、家そのものの取説は含まれていないのが現状である。
高性能な窓や厚い断熱の住宅に初めて入居するので、暖房・冷房・換気などどう調整すれば良いか全く手探りとなる。

ここに示したモノは、家そのものの取扱説明書を目指したモノで有る。

大塚邸メンテナンス計画書-2

大塚邸メンテナンス計画書 PDF

東北電力の新しいサービスを利用してみた

今年2016年4月から家庭用の電力も自由化される、地域の電力会社以外から電気が購入可能となる。
電力会社のガス事業進出、ガス会社の電気事業進出、自治体の電気事業進出と消費者を取り巻く環境もめまぐるしく総合エネルギー会社化に向かっている。
そんな中、各電力会社も新サービスをスタートさせアピールに努めている。

東北電力の電気ご使用実績照会サービス を利用してみた。
結果は以下のようなグラフが自動生成される。

スクリーンショット 2016-03-08 9.58.45
伝票を集め自分で集計しなくても良いので便利である。

IDとPWの発行に手間かがかかること、HPがいまいちヒューマンインターフェイスになっていないが、改善に期待!!

パッシブクーリング(Passive Cooling)のススメ

暑い時期は夏を快適にどう過ごすか・・・熟慮の好機である。
新しいアイテムを見つけ可視化した情報を頼りにPassive Coolingを実銭している。
窓を開けて通風で排熱するか、締め切って冷房に依存するか・・・・悩みが解決した。

夜間外気温度の低下がある時期は、夜間に窓を開放し建物内部を冷やしておく、朝9時くらいから外気温度が上昇するので窓を閉め切り扇風機をうまく使い過ごす。
身体にも良いし、環境負荷も扇風機の電気代程度と少ない。

IMG_2828

 

 

←外気温度が室温より低いので窓を開けて外気を取り込む。
要注意は・・・温度が低くても湿気が多いときは入れない方が良い。

 

 

扇風機では足りないと感じるときは冷房装置(Coolingラジエータ1.1kW/h)を使う。
DSCF4087 DSCF4088

IMG_2844

 

←外気

 

 

←室内

 

 

 

Summer 徹底した日射遮蔽はとても重要で快適性と冷房の電気代に効いてくる。
南面は太陽高度が高いので庇が機能する、東西面は外側に取り付けたシェードが効果的。

DSCF4028Exif_JPEG_PICTURE

Winter ちなみに、夏、植物(樹木)を使った日傘も冬には落葉して日射の恩恵を受けられる。
Exif_JPEG_PICTUREDSCF3656

屋根の断熱は重要で断熱改修も可能・・・専門家の知恵と施工技術が重要。
DSCF8834DSCF8838DSCF8896DSCF8890DSCF8840DSCF8850DSCF8852DSCF8856DSCF8859

使ってみると、なかなか素晴らしいアイテム netatmo

IMG_2845

 

 

 

 

 

 

空気の汚染情報も表示されている。
データ元はソラマメ君http://soramame.taiki.go.jp/DataList.php?MstCode=03201550

冷房時の電気代は昨日は≒121円だった。
昼の電気 3kWh × 33.24円=99.72円
夜の電気 2kWh × 10.62円=21.24円

Netatmoは説明書がシンプルで良くわからなかったが、色々探し回って凄い事が出来ると判ってきた。

Macの画面上でも見られること。
スクリーンショット 2014-08-08 15.58.30

WWW.Netatmo.jpからEXCELファイルとしてDL出来る事、
スクリーンショット 2014-08-08 15.56.37スクリーンショット 2014-08-08 15.56.53

お友達の観測点も覗ける事.
スクリーンショット 2014-08-08 16.05.37

なかなかの優れものである。

昨日の活動履歴

周りの人々も色々な手法で自己管理をしている。
友人の薦められFitbitを使用しているが満足している。

自分の場合!・・・意識改革はなかなか進められないが、生活習慣の修正は見える化が重要と考えている。

スクリーンショット 2014-05-25 8.24.36スクリーンショット 2014-05-25 15.54.55

スクリーンショット 2014-05-25 15.53.35スクリーンショット 2014-05-25 15.54.15 スクリーンショット 2014-05-25 15.53.54

PC、ハードディスクssd化

IMG_1475
IMG_1477IMG_1474IMG_1478IMG_1479身の回りで動いてるPCは4台、内2台がssdで機械式ハードディスク(HDD)が2台。

使用(速度)感の違いが大きくバーションUP、再起動は辛い作業だった。
そこで、iMac 27inch late 2009とHP dv6 NoteBookのHDDをssd化することを決心。

市内のPCショップに電話見積もりを依頼したら6.3万円/1台の見積もりを頂いた。
失敗覚悟で工作少年時代に戻り、自前交換にトライ。
アマゾンからssd120G、ssd250G、3.5’→2.5’変換架台を購入、26.055円で2台分を購入。
データー移行に時間を要したモノの機械的取り付けは15分+40分程度で済んだ。

方法はネット上に豊富に掲載があり重宝した。

結果、とにかく早い・・・・古い機械が若返った。
環境が好転したのでみんなに知らせたくて書いている。

ssdの価格が下がり、費用負担が少なくパフォーマンスは10才若返りのイメージ。

工作少年遍歴の無い方はPCショップに依頼することをおすすめします・・・新しいのを買う方が良いと言う判断になるかも?

屋根の断熱補強 (パラマウント硝子 HGWを採用)

エネルギーの価格が10年後どの位になるだろう??
10年前と今では倍になっているとすると、この先10年は倍以上の予測。

エネルギー価格が倍以上になれば断熱も倍以上に入れておけば、現在と同様の暖房支払額で良いことになる。(単純計算では)

そんな訳で天井の断熱を強化した。
今まではスタイロフォーム150mmの屋根断熱をしていたが、今回255mm〜300mmHGWの付加断熱をした。屋根が勾配があり厚いところと、薄いところの差が出来たが断熱層は405mm〜450mmに出来た。

機能優先で天井仕上げは構造用合板・・・そのうちペンキ仕上げ。

印象はgoodである。
外部からの音が静かになった、二階の部屋の雰囲気が良くなった、天井表面の温度上昇による平均放射温度が幾分上がったことに起因していると思う。
真価はこの冬に現れると思う。

断熱材をたっぷり入れて、寒冷地性能を上げると、冬の到来が楽しみになる。

スクリーンショット 2013-11-03 17.02.16

DSCF8814

DSCF8844DSCF8851DSCF8856

北海道 美幌町 びほろエコハウス に体験宿泊

th_DSCF8303

環境省予算で全国20箇所の内の1棟

環境省の予算で国内に20箇所のエコハウスが建設された。

今回は5箇所目の訪問、二家族4名で体験宿泊をした。

 

 

 

 

美幌町は素晴らしいところだった!博物館も充実、街も綺麗で、食べ物も美味しく、温泉も良かった。

th_DSCF8311

EPS=50+50 外張り断熱

 北海道のエコハウスと言うことで寒冷地性能に注目した。
岩手県の断熱レベルと大差が無い事に興味が沸いた。

 

 

 

 

 

th_DSCF8146

 

上限1億円の予算の中で作られているエコハウスは庶民が求めるエコハウスとは立ち位置が違っている。
一般ではとても採用出来ない2窓で700万円の窓や透可PV(太陽光発電)等設置されている。

 

 

th_DSCF8171

ペレットボイラーで風呂の給湯、その他の水回りは2台のエコキュート。

狙いは、未来的材料の展示を目指したモノと想像出来る。

給湯は風呂がペレットボイラーで、その他の水回りは2台のエコキュートが設備されている。

暖房はペレットストーブ2台の他、地中熱を使ったヒートポンプで床暖房設備が設置されていた、冷房も可能だが床が結露するので使用しないと説明があった。

 

換気システムは騒音が気になった。
換気口が数カ所にあいており手動で開閉が可能。

th_DSCF8156

ペレットストーブは2台種類の違うモノを設置

th_DSCF8155

th_DSCF8150

風呂は使用せず、温泉に出かける。

 

5棟目のエコハウスの視察を終えて、真のエコハウスとは何か・・・本当に考えさせられる・・・今も考え中。